電気工事や解体工事を依頼~プロ業者サポートガイド~

照明

住宅を建て替える

エクステリア

建て替えかリノベーションか

新築で購入した住宅も、20年も経過すると随分建物の劣化が激しくなります。そのまま住み続けることも出来ますが、お金があれば建て替えを検討するかリノベーションやリフォームをしたいところです。建て替えをする場合でも、リフォームやリノベーションをする場合でも解体工事をしなければなりません。建て替えの場合は、完全に住宅を建て替えてしまうため全部の箇所を解体工事する必要があります。これに対して、全面リフォームやリノベーションは躯体を残してそれ以外を解体工事する必要があります。この場合、お金がかかるのは全面リフォームやリノベーションです。なぜなら、躯体だけを残しておかなければならず、重機を有することができず、手作業になるからです。

意外と大事な業者選びについて

解体工事をする場合、意外と重要になるのが業者選びです。業者によっては、丁寧な仕事をしてくれるところもあります。しかし、運が悪いと雑に解体工事をされることがあります。それだけでなく悪質業者がいることも確かです。悪質業者は適正価格よりも多めの料金を取るのです。これは、私たちが解体工事についての適正価格や方法等の知識がないからです。これに対抗するためには、適正価格について調べておくことです。もし適正価格についてよくわからなければ、複数の業者に見積もりを頼むことです。これにより、解体工事の適正価格が明確になります。ただしあまりに多くの業者に見積もりを頼むと断るのが大変ですので2、3社に絞っておくべきです。