電気工事や解体工事を依頼~プロ業者サポートガイド~

照明

安全性を考える

電球

解体工事は手順が重要である

日本経済の回復を背景にしてスクラップアンドビルドによる建設計画が増えてきています。建設業界では新築工事よりも解体工事を施工中に事故の発生が多くなっています。解体工事で大事なことは事前の計画段階で過去の事故を参考にしながら解体の手順を考えることです。解体工事における手順は新築工事の手順よりも工事期間が短い分だけ重要度が増すことになります。手順前後することが事故の発生に繋がります。解体工事でよくあることは計画通りに進まないことが発生する可能性が高いことです。想定外のことが解体段階に起こった時に急ぐあまりに無理をすることが事故の原因になることが多くあります。一旦工事を止めてでも改めて手順の確認をすることが大事です。

技術的な裏付けが必要である

解体工事は新築工事と異なり、工事期間も短いために技術的な革新があまり進んでおりません。しかしながら、近年は一部の超高層ビルが建替えの時期を迎えてきており、既に解体作業に入っている超高層ビルも発生しています。超高層ビルの解体ということで従来の方法では安全ということに大きなコストが掛かることが想定されます。したがって新しい解体工事の計画が競わされるように提案されて実施に移されています。一番ユニークな工法は解体工事をしたから行うということです。丁度だるま落しのように下層階からジャッキを使いながらコンクリートを解体していく工法です。原則高所作業が無くなることで安全面では大きなメリットがあります。当面はコスト面で宿題が残りますが、新築工事とのトータルで考えて計画をすると比較的リーズナブルな価格とすることが出来る可能性があります。